土地の売買とセットバック

中古住宅や土地などを購入するときに、
セットバックを含むという言葉を見かけることがあると思います。
不動産用語としてはポピュラーな言葉なのですが、
私たち一般の人にとっては聞きなれない言葉でもあります。

このセットバックなのですが、
どういった意味かといいますと、

現在の建築基準法では、住宅などを建てるときは
その土地が原則4メートル以上の幅のある道路に間口2メートル以上
接していなくてはいけません。

ですが、歴史のある昔ながらの街など、
建築基準法が適用される前から建っている家も
多く残っています。

なぜ道幅が重要なのかというと、
消防車や救急車などの緊急車両の通行に支障が出るためですね。
そのためには道幅を広げなくてはいけませんが、
建っている建物をぶち壊してまで広げるのは少々乱暴です。

そこで登場するのがセットバック。
建替えなどをする時に、道路の中心線より2メートルの位置までは
何も建てられないようにするのです。

少し損した気分になりますが、立替を繰り返すことで
自然と道幅が広がっていく事になります。
時間はかかりますが、将来的には4メートルの道幅の道路が完成するわけですね。

古い建物が立ち並ぶ、周辺の道が狭い土地では
このセットバックが重要なポイントになりますので
必ず覚えておきましょう。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 良い土地を買うための不動産会社の選び方 All Rights Reserved.