良い土地を買うための不動産会社の選び方 TOP > 土地を選ぶ > 家を建てるのに必要な土地の広さは?

家を建てるのに必要な土地の広さは?

不動産や土地を購入するに当たって、
金額に直結してくるのが土地の広さです。
土地の場合は坪単価×広さで金額が算出されますから非常に重要です。


また、土地には建ぺい率、容積率が定められていて、
同じ土地の広さでも上記の率によっては
建てられる家の大きさも変わってきます。

建てられる家の広さが1割変われば
プランも大幅に変わってしまいますから、
購入を検討している土地がどのくらいの広さの家を建てられるのか
シミュレーションをしておくことも大切です。

住む人の現在の状況によっても違いますよね。
一人暮らしなら1LDK程度で駐車場も1台程度で十分だと思いますが、
子供が沢山いる家庭ではそうはいきません。

最低でも3LDK程度の間取りは欲しいですし、
駐車場も2台以上は確保したいところです。
特に地方都市では車は一人一台が当たり前になっていますから、
3台程度停められる広さを確保しておきたいです。

現状夫婦2人暮らしでも、将来子供が出来たときの事も
考えておかなくてはいけません。

大体の目安としては、建てたい広さの住宅の1,7倍程度の
土地を確保しておくと良いといわれています。
この広さを確保できれば、あらゆる面でバランスの良い
住宅を建てることが出来るようです。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 良い土地を買うための不動産会社の選び方 All Rights Reserved.