土地と悪質な広告

インターネットで容易に情報を手に入れられるようになり、
同じような境遇の人と情報を共有することが
出来るようになってきましたので、

悪質な不動産会社の被害にあうケースは
少なくなりつつあります。
しかし、残念ながら悪質な行為をする不動産会社も
存在しているようです。

例えば、最初から売る気がないのに、
目を引くキャッチコピーで土地や物件を広告に出しておき、
問い合わせをすると

「さっき契約が決まってしまいました。せっかくですからこちらの土地はどうでしょうか?」

などと、最初に問い合わせた土地とは違うものを見せられて、
しつこく契約を求めてくるなどですね。

不動産の広告についてはルールが厳しく決められています。
例えば、造成許可をまだ受けていない土地や建物の広告を
うつことは禁じられていますし、

「二度とありません」「ここからさらに割引」「格安」「掘り出し物」など
使用できない表現も細かく決まっています。

こういった広告のルールを正しく守っていない不動産会社が
まともな土地や物件を提供してくれるとはとても思えませんから、
不動産会社選びのポイントになるのではないか思います。


こういったケースは、今ではほんの一部の悪質な不動産会社が行っていることなので、
全てに当てはめてしまうと取引云々ではなくなってしまいます。
考えすぎても駄目なので参考までに頭のすみに置いておいてください。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 良い土地を買うための不動産会社の選び方 All Rights Reserved.